2019年1月2日水曜日

2019年の目標とかやりたいこととか

新年、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

2018年は予想に反して、多忙を極めました。したがって、何もinputもoutputもできず、残念な気分です。
ここまで何もできなかったのは何なのか、2018年のポイントを振り返りつつ考えていくと…。

  • 相変わらず残業時間が毎月100時間超え(8月と12月は90時間程度だったかもしれない。要確認)
  • 昨年同様、情報資産の管理の役目が継続。
  • 担当している部活動が、がんばったので前年よりは下がったものの成績を挙げた。
  • 生徒数が減った関係で同僚の数が減り、クラスの担任を任された。
    • この仕事が多かったので、2年前と同程度の工数を取られた。
  • GDG関係の活動がほとんどできなかった。
  • Gobotを使った簡単なプログラミングを行った。(いつかQiitaにでもまとめておきたい)

2018年に開催したイベント

  1. Golang Cafe #81(プログラミング言語Goの読書会最終回)
  2. GDG Cafe #31(TensorFlow活用ガイドの読書会)
  3. GDG Cafe #32(TensorFlow活用ガイドの読書会)
  4. GDG Cafe #33(TensorFlow活用ガイドの読書会)
  5. GDG Cafe #34(TensorFlow活用ガイドの読書会)

2018年に参加したイベント

  1. Golang Cafe #82(プログラミング言語Goのアフターフォロー by @qt_luigiさん)

ということで、開催したイベントは小規模なものが5回と参加したものは1回という、活動がほぼできていない状況でした。

ただ、今後のGDG中国の運営を続けることに新たに協力してくださる方も現れて(@naoyukisc2さん、@kotaninさん)、来年は協力をお願いしようと思っています。
ただ、どのような形で行うかは考えないといけないなと思っていますが、チャンスは十分あるんじゃないかと思っています。

2018年の目標の達成度

0%…。ここまで何もできなかったのは、ショックを超えて、なにかが間違っていると思わないと仕方がないですね。

2019年の目標

以下に詳細は書いていますが、2019年の運気が良くなさそうなので、あまり大きな目標を立てない方が良いのかな?なんて思っていますが、大きく2点でしょうか。
  • GDG中国の活動をする(規模の大小にかかわらず、開催することに意義がある)
  • 積み重なった書籍を読む
  • プログラミングをする(これも大きな目標を立てたら失敗するので…)

2019年の運気

昨年に引き続いて、運勢を占ってみました。(と言っても、占いの勉強もそんなにできてない)
あまりにも悪い結果が出てしまったので、出てきたキーワードの意味を書いておきます。
1月、2月は「失敗」
3月は「我慢できない」「自己主張」
4月は「関心が移る」、「旅立ち」
5月は「悲しみを引きずる」
6月は「節制」、「忍耐」
7月は「不安定」「不毛」「衰退」「破談」
8月は「共感」「友情」「交際」「交流」
9月は「判断力に欠ける」
10月は「実力を発揮できない」
11月は「協調性に欠ける」
12月は「失望」「悲しみ」
年間を通じてのキーワードは「仲違い」「不調和」「安定しない」

カードが偏っていたのかもしれませんが、だいぶシャッフルしたので多分、運命だろうということで、思い当たる節があるものについては事前に不安を取り除いておくのが良さそうです。
多分、体力面でも落ちてくる年代になってきたので、そういう部分でも影響があるんだろうなと思っています。
昨年の占いの結果がわりと当たっていたので、ガードを固めに2019年は活動していこうと思っています。