2014年2月11日火曜日

第23回GDG中国勉強会@岡山を開催しました。

第23回勉強会@岡山を開催しました。

今回は、Dart Flight Schoolということで、DartのハンズオンとAngularDartのハンズオン、それから、Dartのテストの方法を紹介しました。

資料は、この後、GDG中国のサイトで公開しようと思います。

最初のDartのTutorialを進めて行きました。
こちらは、差分表示があったので、スケルトンから進める事ができて良かったかな?と
思います。いくつか、Dart固有の書き方なども出てきたので、それも説明できたので、個人的には満足していますが、参加者の方はいかがでしょうか。

次に、AngularDartのTutorialを進めていきましたが、Dartのハンズオンで時間を使ってしまったので、説明ベースのものになってしまいましたが、これに関しては、AngularJSをある程度やっている前提でないと辛いのかな?と思いました。
(実際聞いていると、やってない人もいらっしゃったし、Tutorialを少し…。という方もいらした。)
また、講師を務めた私も勉強不足だったように思いました。(最近、こういう「事前の調査」が足りない気がするので、少し考えないとダメかも…)

最後に、Dartのテストについて、少し紹介しました。時間が少ないのと、事前の練習不足もあって、結果は出たものの、しっかり伝えられたかは”?”がつくかもしれません。

フィードバックとしては、JavaScriptに変換した時に6000行ぐらい出力されるという結果を教えてもらったので、mobileでは使えないかも知れない(ロードに時間がかかる)ということと、速度面でどれくらい早いのか?が疑問ということも言われました。
(1.0→1.1で25%の速度UPがされていますが、「当社比」なので、他との比較結果が欲しいというご意見も…)
導入しようにも、「環境が整わないと」という意見もあったので、DartVMがChrome(リリース版)に入るとか、Chrome Packaged Appで使えるという方向に進んでくれたら良いのにな。とも思ったりしています。

全体的に、Dart Editorの挙動が怪しくて、いまいち、動きを確認するのに手間取ったり、JavaScriptの変換とか、pub getコマンドが動かなかったりと、Dart Editorの品質がもう少し上がってくれると非常にうれしいんだけど…。

このイベントはDartのスタートなので、今後もDartを触ってみていただけたらと思います。
重い(ロードに時間がかかる)とはいえ、一応、(JavaScriptに変換すれば)本番導入もできますので…w

後は、少し懇親会で情報交換を行ったりもしたので、今後の課題の洗い出しは、またゆっくりやろうと思います。