2013年10月5日土曜日

Androidプログラミングレシピ増補改訂版が発売されました。

昨年のテクニカルレビューアを務めたことのつながりで、今年も2冊のテクニカルレビューを担当させて頂きました。

昨年担当した書籍のことは以下のリンクをごらんください。
(ブログに書いたと思っていたが、どうやら書いていなかったようなので、)
https://plus.google.com/114183076079015753160/posts/bzhS5X5CUw6
https://plus.google.com/114183076079015753160/posts/EqYR5iWKsca

今年の2冊は初版でAndroid2.3までの内容として、英語で書かれた書籍が改訂されたので、日本語に翻訳されたものを、技術的観点で、私がレビューを行いました。
幅広い内容になっているのと、Android4までの内容が書かれているので、前回は1冊でしたが、今回は2冊に分かれています。
(1版のことについては、http://takashi-yokoyama.blogspot.jp/2012/01/android.htmlへ。)

1冊目のAndroidプログラミングレシピ​増補改訂版 アーキテクチャ/UI/ネットワーク編は、環境構築、各種View、通信(ネットワーク、Bluetooth、NFC、USBホスト)について扱われています。

2冊目のAndroidプログラミングレシピ​増補改訂版 メディア/データ/システム/ライブラリ/NDK編は、マップ、カメラ、音声、動画、センサー、GPS、Preference、SQLite、
ライブラリプロジェクトについて、NDK、RenderScriptの事が書かれています。
こちらに関しては、少し残念だったのが、Google Map Android API v2ではなく、v1のMapViewに関する説明になっていることです。
(公式に非推奨になっていることもあり、MapViewを使った新規開発は不可能なため。)
ここは、翻訳本の制約でしょうか。どうすることもできないので、興味がある皆さんが購入して頂いて、次回作に期待するしか無さそうです。

2冊とも文字が多いので、書籍に書かれているソースコードを入力して動かしながら読んだ方が理解は早いと思います。
そして、あまり知られていない便利なクラスがあるということに気がつくこともあるかと思いますので、ぜひ一読いただければと思っています。