2012年1月14日土曜日

Go言語プログラミング入門の正誤表を更新しました。

Go言語プログラミング入門正誤表に追記しました。
http://takashi-yokoyama.blogspot.com/2011/12/go.html

appengine/datastoreパッケージのPropertyLoadSaverについて、
誤記があったので、詳細に説明をしておきたいと思います。

PropertyLoadSaverインターフェイスのドキュメントです。
http://code.google.com/intl/ja/appengine/docs/go/datastore/reference.html

書籍では、「データを登録した状態でないとプログラムが応答を返さなくなる」という
事が書かれているのですが、これは、サンプルコードを作成している時の試行錯誤の
途中段階の誤認識をした状態で記述をしていました。

実は、PropertyLoadSaverインターフェイスのLoadメソッド、Saveメソッドの定義は
以下の通りです。(書籍のサンプルコードから抜粋したものです)
func (g *Guest) Load(c <-chan datastore.Property) os.Error {
func (g *Guest) Save(c chan<- datastore.Property) os.Error {
どちらもchannelが引数になっています。このchannelについての説明はP.63付近に
少し記述をしていますが、CriticalSectionと同じで、自分のスレッドをブロックします。
ブロックが解除されるのはchannelに値がセットされた時か、close(c)された時と
なります。LoadStruct()、SaveStruct()はメソッド内でchannelの処理を行っているため、呼び出せば構造体に値がセットされ、channelの処理も適切に行ってくれます。

書籍のプログラムだと、Saveメソッドの方では、何もしていないため、channelのブロックが解除されないことになり、現時点ではプログラムが応答を返さなくなってしまいます。

したがって、Load()の方でも、同様に「何もすることがない」からといって何もしないと
プログラムが応答を返さなくなってしまいます。